会員情報検索システム 詳細情報

有限会社旭川ニッコータイヤ

2.許可情報


事業計画の概要
1.事業の全体計画

排出事業者と処理委託契約を締結し、契約内容に従って、収集運搬
及び処分業務を適正に行う。

2.収集運搬の概要

■全体計画■

排出事業者より委託を受けた産業廃棄物を自社の中間処理施設また
は排出事業者より指定された許可を有する処理場へ収集運搬する。

■種類ごとの運搬量(1年間の予定数量)■

   種 類 : 廃プラスチック類 
   予定数量 : 3月- 50t
4月-150t
5月-150t
6月-150t
7月-120t
8月-120t
9月-120t
10月-200t
11月-250t
12月-150t
1月- 50t
2月- 50t
合計-1,560t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : バス事業者、トラック事業者
タイヤ専業店、解体業者
レンタカー会社、一般排出事業者
   予 定 運 搬 先 : 自社中間処理施設


   種 類 : 金属くず
   予定数量 : 3月-1t
4月-3t
5月-5t
6月-3t
7月-3t
8月-3t
9月-3t
10月-5t
11月-5t
12月-3t
1月-3t
2月-3t
合計-40t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 同上
   予 定 運 搬 先 : 同上


   種 類 : 紙くず
   予定数量 : 3月-0.1t
4月-0.1t
5月-0.1t
6月-0.1t
7月-0.1t
8月-0.1t
9月-0.1t
10月-0.1t
11月-0.1t
12月-0.1t
1月-0t
2月-0t
合計-1t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 一般排出事業者
   予定運搬先 : 排出事業者の指定する許可を有する処分場


   種 類 : 木くず
   予定数量 : 3月-0.1t
4月-0.1t
5月-0.1t
6月-0.1t
7月-0.1t
8月-0.1t
9月-0.1t
10月-0.1t
11月-0.1t
12月-0.1t
1月-0t
2月-0t
合計-1t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 同上
   予 定 運 搬 先 : 同上


   種 類 : 繊維くず
   予定数量 : 3月-0.1t
4月-0.1t
5月-0.1t
6月-0.1t
7月-0.1t
8月-0.1t
9月-0.1t
10月-0.1t
11月-0.1t
12月-0.1t
1月-0t
2月-0t
合計-1t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 同上
   予 定 運 搬 先 : 同上


   種 類 : ゴムくず
   予定数量 : 3月-0.1t
4月-0.1t
5月-0.1t
6月-0.1t
7月-0.1t
8月-0.1t
9月-0.1t
10月-0.1t
11月-0.1t
12月-0.1t
1月-0t
2月-0t
合計-1t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 同上
   予 定 運 搬 先 : 同上
   

   種 類 : ガラスくず
   予定数量 : 3月-0.1t
4月-0.1t
5月-0.1t
6月-0.1t
7月-0.1t
8月-0.1t
9月-0.1t
10月-0.1t
11月-0.1t
12月-0.1t
1月-0t
2月-0t
合計-1t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 同上
   予 定 運 搬 先 : 同上


   種 類 : コンクリートくず
   予定数量 : 3月-0.1t
4月-0.1t
5月-0.1t
6月-0.1t
7月-0.1t
8月-0.1t
9月-0.1t
10月-0.1t
11月-0.1t
12月-0.1t
1月-0t
2月-0t
合計-1t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 同上
   予 定 運 搬 先 : 同上


   種 類 : 陶磁器くず
   予定数量 : 3月-0.1t
4月-0.1t
5月-0.1t
6月-0.1t
7月-0.1t
8月-0.1t
9月-0.1t
10月-0.1t
11月-0.1t
12月-0.1t
1月-0t
2月-0t
合計-1t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 同上
   予 定 運 搬 先 : 同上


   種 類 : がれき類
   予定数量 : 3月-0.1t
4月-0.1t
5月-0.1t
6月-0.1t
7月-0.1t
8月-0.1t
9月-0.1t
10月-0.1t
11月-0.1t
12月-0.1t
1月-0t
2月-0t
合計-1t
   性 状 : 固形
   予定排出事業場 : 同上
   予 定 運 搬 先 : 同上


 
■収集運搬方法■

排出事業者指定の排出事業場にて、許可を有する自社トラックに廃
棄物を積み込みし運搬する。マニフェストに記載された運搬先の事
業場へ搬入後、B2表を排出事業者に返却する。


■環境保全措置■

・運搬中の飛散流出を防止する為、パネル車にて運搬する。ダンプ
で運搬する場合は荷台にシートを掛ける。廃棄物の大きさによりフ
レコン等を使用し運搬する。
・運搬車輌は、洗車・清掃をこまめに行い、清潔を保持する。
・効率のよい運行、定期点検、エコドライブを徹底しCO2削減に努
める。


3.処分の概要

■全体計画■

旭川市の自社中間処理工場にて、排出事業者や収集運搬業者によっ
て持ち込みされた産業廃棄物(廃プラスチック類《廃タイヤ》)を、
形状・種類・大きさによりリサイクルできるものと出来ないものに
分別し、リサイクル可能なものは原型のまま(リユース)もしくは中
間処理(破砕)後に熱原料(サーマルリサイクル)として売却、適さな
いものは中間処理後に安定型埋立処分場にて最終処分する。廃ホイ
ールは有価物として売却。

■種類ごとの処分量(1年間の予定数量)
   種 類 : 廃プラスチック類
   予定数量 : 3月- 50t
4月-150t
5月-200t
6月-200t
7月-150t
8月-120t
9月-150t
10月-250t
11月-250t
12月-200t
1月- 50t
2月- 50t
合計-1,820t
   性 状 : 固  形
   中間処理後の予定運搬先 :
(サーマルリサイクル)日本製紙(株)旭川工場
          (リユース)諸外国へ輸出
          (最終処分)(株)旭川振興公社

  
■処分方法■

搬出された廃プラスチック類(廃タイヤ)のホイールを抜き取り、ホ
イールはスクラップ業者へ販売、スパイクタイヤはピンを抜き取り
、中型・大型トラックタイヤに限ってはビードワイヤーを抜き取り
、その後は全種のタイヤを背割りし、32分割した後、サーマルリサ
イクルするため製紙工場へ搬入。タイヤをリユースする場合は、コ
ンテナに積み込み諸外国へ輸出する。

中間処理後、マニフェストC2表を収集運搬業者に、D表を排出事業
者に返却する。また、サーマルリサイクル及び最終処分終了後、E
表に処分先と処分日を記入し排出事業者へ返却する。


■環境保全措置■

・日常点検として使用前後に作動状況を確認する。
・著しい騒音・振動が発生しないよう、破砕機の適正運転及び始業
前の整備に努める。
・施設内の整理整頓、及び施設内外の毎日の清掃を心がける。
・土壌を汚染する恐れのあるオイル等の保管場所には、オイル吸着
マットを常備しておく。
・緊急事態・事故に迅速に対応できるよう、予防対策を定め、予防
訓練を年1回以上実施する。消防署の指導のもと、消火訓練も行う

・万一、緊急事態・事故が発生した場合、下記のとおり連絡する。


【緊急事態・事故発生】→消防119、警察110
旭川市環境部環境指導課0166-25-6969

   

業の種類 許可区域
(積保の有無)
許可番号 取得年月日 有効期限 許可品目及び処理方法
収集運搬 産業廃棄物 北海道(無) 00100010516 2015-11-26 2022-11-25 廃プラスチック類,紙くず,木くず,繊維くず,ゴムくず,金属くず,ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず,がれき類
北海道(旧小樽市)( )        
札幌市( )        
函館市( )        
旭川市( )        
特別管理産業廃棄物 北海道( )        
北海道(旧小樽市)( )        
札幌市( )        
函館市( )        
旭川市( )        
中間処理 産業廃棄物 北海道        
北海道(旧小樽市)        
札幌市        
函館市        
旭川市 05020010516 2012-12-28 2019-12-23 破砕(廃プラスチック類)
特別管理産業廃棄物 北海道        
北海道(旧小樽市)        
札幌市        
函館市        
旭川市        
最終処分 産業廃棄物 北海道        
北海道(旧小樽市)        
札幌市        
函館市        
旭川市        
特別管理産業廃棄物 北海道        
北海道(旧小樽市)        
札幌市        
函館市        
旭川市        

許可証の写し
産業廃棄物処理施設
設置許可証の写し